申し込みには無人契約機を利用しました

フリーターになって3年目くらいのとき、公共料金を支払うために消費者金融系のキャッシングに申し込みをしました。審査に合格するか判りませんでしたが、同じ職場に消費者金融系のキャッシングを利用している仲間が何名か居たので申し込んでみたのです。申し込みは無人契約機を利用しました。

消費者金融に申し込みをする前に申し込みの仕方やキャッシングの仕組みなど一通りのことは調べたのですが、調べた結果、無人契約機を使うと審査に合格したその直後からキャッシングの利用ができることが判りました。公共料金の滞納期限ギリギリだつた私は出来るだけ早くお金を借りたいと思っていたこともあり無人契約機からの申し込みを選びました。

申し込みに使用した書類としては自動車運転免許証と現住所の記されている水道料金の領収書を持って行きました。申し込みには現住所の記された公的な書類が必要なのでこの点は注意が必要だと思います。無人契約機ではそのような書類を所定の場所に置いてスキャンを利用して提出することになります。

無人契約機での申し込みには1時間ほどかかりましたが審査には合格することができました。ちなみに私の借入限度額は10万円となりました。少ないような気もしましたが10万円もあれば公共料金の支払いには問題ないので、発行されたキャッシングカードで必要なお金を借りて無人契約機のある無人店舗を後にしました。このときの経験から、お金を早く借りたいときは無人契約機を利用するのが良いのではないかと思っています。