銀行カードローンの特徴について

カードローンには、大きく分けて2種類に分類できます。それは「銀行カードローン」と「消費者金融や信販会社などのカードローン」です。銀行カードローンにはどんな特徴があるのでしょうか。

銀行ローンの特徴は「低金利で借り入れできる」ことです。下限金利が低いだけではなく、上限金利も消費者金融に比べて低く設定されています。銀行も消費者金融も同じで、最初に借り入れする者に対しては、借り入れする金額にも寄りますが、上限金利が適用されます。なので、少しでも上限金利が低い設定をされている銀行カードローンはお得に利用することができます。

もうひとつ銀行カードローンの特徴として「借入限度額が高い」ことです。大手消費者金融のカードローンは、利用する者の年収などにも寄りますが、だいたい「500万円」程度です。しかし、銀行カードローンの場合は、「800万円から1000万円」まで借入限度額が設定されており、大口融資にも対応しています。

銀行カードローンは消費者金融より金利が低くことや限度額が高いなどのメリットが多い分、審査が厳しくなってします。延滞や滞納してしまったことがある者や債務整理を行った者は、審査に通ることが難しくなります。