大手消費者金融の審査通過率の比較

消費者金融の大手といいますと、アイフル、プロミス、モビット、アコム、レイクといったところが挙げられると思います。

そんな大手の審査通過率についてですが、どこが通りやすいのかというのが気になるところです。

大手の消費者金融の審査の通過率についてどんなふうになっているのかを紹介します。

消費者金融の審査通過率というのは、実は公表されている場合があり、その情報によりますと

アコムが45~49%、プロミスは42~45%、アイフルは44~49%、レイクが33~38%、モビットについては公表されていません。

これらを見るににおおよそ4割あたりで平均的な審査通過率が決まっているような感じです。

各社を比較すると、アコムが一番審査通過率が大きく続いてアイフルが続いているようになっています。

レイクについては、新生銀行が運営するようになっていますから審査通過率がほかに比べると低くなっているというようなことが原因です。

プロミスも若干低いですが、アコムやアイフルに比べると借り入れできる人の範囲が狭いためこうなっているのだと思います。

大まかに見ても大きな差はないといえますが、これを参考にどの会社で審査を申し込みをするかを、自身の現在の状況を確認しながら

審査に申し込んでみる会社を選んでみるといいでしょう。

消費者金融の上手な使い方

会社の同僚にお金を借りるのなら銀行と消費者金融のどちらが良いと思うかと訊ねてみたところ即効で消費者金融のほうが良いと答えられました。私には銀行より利息の高い消費者金融のほうを勧めてくる理由がすぐには判りませんでした。そこでどうして消費者金融なんだと重ねて訊ねてみると借りる金額と返済期間にもよるが借りる金額が少ないなら利息が無料となる期間のある消費者金融から借りたほうがトータル的には返済金額が安くなると教えてくれました。

消費者金融にそのようなサービスのあることを私はまったく知らなかったので目から鱗が落ちるような感じで驚きました。そのあとインターネットで調べてみたところその同僚の言う通りだということが判りました。借入に掛かる利率は消費者金融のほうが銀行より高いのですが利息が無料となる期間を差し引いて計算してみたところトータル的な返済金額は消費者金融のほうが安くなりました。

消費者金融にはこのような上手な使い方があることが判り後日、私は消費者金融に申し込みをしました。正社員として働いていて金銭的なトラブルも今までなかったので審査はすんなりと通りました。10万円ほど借りたいと思っていましたが希望通り10万円を借りることができました。今では返済もすべて完了しましたが安く借りられて良かったと思っています。