横浜銀行カードローンと千葉銀行カードローンの比較

首都圏の地方銀行カードローンで有名なのが横浜銀行カードローンと千葉銀行カードローンになります。お互いメリットが多いカードローンですが、どちらを利用した方がいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで横浜銀行カードローンと千葉銀行カードローンを比較していく事にしましょう。

・金利を重視するなら横浜銀行カードローン

地方銀行のカードローンは上限金利が15%以下で設定されているので消費者金融に比べると低金利です。横浜銀行カードローンと千葉銀行カードローンの上限金利を比較してみると横浜銀行カードローンが14.6%、千葉銀行カードローンは14.8%で設定されています。金利を重視するなら0.2%低く設定されている横浜銀行カードローンを利用した方がいいです。

・100万円以上の借り入れをする時は千葉銀行カードローン

横浜銀行カードローンの限度額は最大1000万円、千葉銀行カードローンの限度額は最大500万円で設定されているので100万円以上の借り入れをする時は横浜銀行カードローンを利用した方がいいと思ってしまいます。しかし横浜銀行カードローンは100万円以上借りる時に収入証明書を提出しなければいけないので手間がかかってしまいます。千葉銀行カードローンは100万円以上借りる時でも収入証明書の提出が不要なので手間がかかりません。

大手消費者金融の審査通過率の比較

消費者金融の大手といいますと、アイフル、プロミス、モビット、アコム、レイクといったところが挙げられると思います。

そんな大手の審査通過率についてですが、どこが通りやすいのかというのが気になるところです。

大手の消費者金融の審査の通過率についてどんなふうになっているのかを紹介します。

消費者金融の審査通過率というのは、実は公表されている場合があり、その情報によりますと

アコムが45~49%、プロミスは42~45%、アイフルは44~49%、レイクが33~38%、モビットについては公表されていません。

これらを見るににおおよそ4割あたりで平均的な審査通過率が決まっているような感じです。

各社を比較すると、アコムが一番審査通過率が大きく続いてアイフルが続いているようになっています。

レイクについては、新生銀行が運営するようになっていますから審査通過率がほかに比べると低くなっているというようなことが原因です。

プロミスも若干低いですが、アコムやアイフルに比べると借り入れできる人の範囲が狭いためこうなっているのだと思います。

大まかに見ても大きな差はないといえますが、これを参考にどの会社で審査を申し込みをするかを、自身の現在の状況を確認しながら

審査に申し込んでみる会社を選んでみるといいでしょう。