おまとめローンを利用する際は新たな借り入れが出来ない点に注意する

貸金業法に基づく貸付を行なう消費者金融にとって、総量規制による貸付制限は経営に与える影響が大きいことで知られています。しかし、年収の1/3を超える貸付であっても、例外的におまとめローンに限っては、債務者にとって一方的に有利な貸付として認められているわけです。おまとめローンを利用すれば、借金を一本化出来るので、借入金額の総額が100万円以上ならば利息制限法で定められた法定金利が一段階厳しくなる分だけ上限金利が15%まで引き下げられます。10万円以上100万円未満の借り入れを複数の貸金業者から行っていると、法定金利が18%ですから、おまとめローンへ借り換えをすれば3%もの金利引下げ効果が狙えるわけです。

おまとめローンを利用すれば、借金から開放されるわけではなく、返済する総利息を減らせるメリットが得られるだけです。ただし、おまとめローンを利用した借り換えを行なうと、完済を行なうまで追加融資を受けられないという問題点があることを見逃してはなりません。銀行カードローンとは異なり、おまとめローンを利用すると完済するまでの間は、貸金業者間での自主規制により新たな借り入れが制限されます。このため、可能な限り銀行カードローンを利用して実質的なおまとめローンとして利用すれば、新たな借り入れも出来るので有利です。