主婦のキャッシングが難しい理由

キャッシングについて、主婦はキャッシングの審査に通りにくいという話があります。これは真実でもあり、また真実でもないと言っていいでしょう。それは金融機関が主婦のキャッシングについて審査する時には専業主婦とアルバイトやパート労働をしている主婦については大きく違いがあるからです。

金融機関ではキャッシングの審査をする前にキャッシングの申し込み資格が必要です。申し込み資格を満たさないと審査自体を受けることができなくなってしまいます。ほとんどの金融機関でキャッシングの申し込み資格として「20歳以上の安定した収入がある人」という項目があります。この安定した収入が専業主婦にはないので、キャッシングの審査と言う前に申し込み資格がないのが専業主婦と言うことになります。一方で専業主婦とは違いパートやアルバイトをしている主婦は安定した収入があるとみなされ、キャッシングの審査を受けることができます。しかし、キャッシングの審査を受けられたとしても銀行での審査は簡単に通ることができませんし、消費者金融などの貸金業者では審査は銀行よりも通りやすいものの総量規制の対象となっているので、年収の3分の一までの限度額となっています。