キャッシングで限度額の上限に達したら

キャッシングの利用は、設定された限度額の範囲内で行っていくことになりますが、便利だからと何度も借入を繰り返していると限度額の上限に達してしまうことがあります。上限まで借入をすると、新たに借入をすることができません。この状態になった時にできることといえば、まずは返済をすること、もしくは増額審査を受けることです。

限度額の上限に達しても、返済を行えば、限度額に余裕が生まれるため、また新たに借入をすることができます。返済をする前に新たに借入をしたいという場合は、増額審査を受けてみることが有効です。ただ、増額審査は少なくとも半年以上の借入と返済の実績がなければ落ちる可能性が高くなります。利用があっても、返済の遅れがある場合もまた落ちやすい状態となります。落ちてしまうと、限度額が増えないだけでなく、新たな借入の一時停止や限度額の引き下げなどのペナルティが発生する可能性があります。それだけに、増額審査は現在の状況をよく見極めた上で受けることが大切です。増額審査に通る自信がないというのであれば、申込みをしないことがおすすめです。それでもどうしても現金が必要というのであれば、他社で新たに借り入れをするという方法もあります。