おまとめローンを利用する際は新たな借り入れが出来ない点に注意する

貸金業法に基づく貸付を行なう消費者金融にとって、総量規制による貸付制限は経営に与える影響が大きいことで知られています。しかし、年収の1/3を超える貸付であっても、例外的におまとめローンに限っては、債務者にとって一方的に有利な貸付として認められているわけです。おまとめローンを利用すれば、借金を一本化出来るので、借入金額の総額が100万円以上ならば利息制限法で定められた法定金利が一段階厳しくなる分だけ上限金利が15%まで引き下げられます。10万円以上100万円未満の借り入れを複数の貸金業者から行っていると、法定金利が18%ですから、おまとめローンへ借り換えをすれば3%もの金利引下げ効果が狙えるわけです。

おまとめローンを利用すれば、借金から開放されるわけではなく、返済する総利息を減らせるメリットが得られるだけです。ただし、おまとめローンを利用した借り換えを行なうと、完済を行なうまで追加融資を受けられないという問題点があることを見逃してはなりません。銀行カードローンとは異なり、おまとめローンを利用すると完済するまでの間は、貸金業者間での自主規制により新たな借り入れが制限されます。このため、可能な限り銀行カードローンを利用して実質的なおまとめローンとして利用すれば、新たな借り入れも出来るので有利です。

おまとめローンの審査に通るためにできること

おまとめローンを利用する際に気になるのは審査です。どうしてもローンを一本化したいとは思うものの、おまとめローンは審査に時間がある程度かかるものです。しかも、基本的におまとめローンを利用する人は切羽詰っている人が多いので、できるだけ確実に審査を通過したいところです。では、どうすればおまとめローンの審査を確実に通ることができるのでしょうか。今日は誰にでもできる方法を記したいと思います。

その方法とはシミュレレーターを使うことです。各キャッシング会社は自分のホームページにシミュレーターを準備してます。シミュレーターを利用することで、審査を受ける前に、基本的な情報を入力することによって、事前に審査に通るかどうかを判断することができるようにしています。こうすることで、むだな審査を受けることを避けることができます。

さらにシミュレーターを使うことによって自分がなぜ審査に落ちてしまうのかを分析することも可能です。もし、現在入力した条件で落ちてしまった場合には、さらに年収などの数字を上げることによっていくらなら審査に通るのかを知ることができます。こうすることで、自分にとって何が必要なのか、どこを改善すればよいのかを知ることができます。