銀行カードローンの審査基準について

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているのでお金を借りる時の安心感があります。返済する時の負担を軽減する事が出来るので銀行カードローンを利用したいと考えている人も多いですが、審査が消費者金融に比べて厳しいと言われているので申し込むのに戸惑っている人も少なくありません。そこで銀行カードローンの審査基準について見ていく事にしましょう。

・安定した収入がある事

銀行カードローンの審査でまず確認されるのが安定した収入がある事です。安定した収入とは月に一定の収入を得ている事なので収入の多さは関係ありません。収入が少なくても月に一定の収入を得ていれば安定した収入があると判断されて審査が可決されます。

・返済能力がある事

安定した収入があっても他社からの借り入れがあると返済能力がないと判断されて審査が否決されてしまう可能性があります。銀行カードローンの審査では返済能力がある事もしっかり確認するので他社からの借り入れがない状態にしておくなど準備する必要があります。

・20歳以上である事

銀行カードローンの利用条件は20歳以上になっているので審査の時も20歳以上である事を確認します。また利用条件には上限年齢もあり65歳前後に設定されている事が多いです。

キャッシングの審査を自社で行っている所なら安心

銀行と消費者金融からキャッシングをする際には、審査の柔軟性が心配になる人もいるでしょう。キャッシングの審査が厳しくなる要因として、審査業務を外注している大手消費者金融が多いことはあまり知られていません。自社で一貫して責任を持ち審査を行っているのは、外部に審査業務を委託するとコストが掛かる点から、中小消費者金融に多いと考えられます。柔軟な審査をウリにしている消費者金融は、慎重な審査が必要であっても迅速に行なえています。

審査結果に対して責任が生じる外部の審査機関は、明確な貸付可否が求められているので、ボーダーラインに入った際にはリスク回避のために審査落ちを選択することがあります。この点、自社審査を行っている中小消費者金融ならば、独自の経験と判断から審査を通してくれるわけです。貸金業法に基づく総量規制はしっかり守りつつ、ギリギリ融資可能と判断した際には、快くキャッシング審査を通してくれます。

キャッシングを初めて行なう人は、大手消費者金融や銀行カードローンを利用し、借入が既にある人は大手消費者金融から断られると、中小消費者金融へキャッシング申し込みを行なう流れが出来ています。貸金業登録をしっかりと行っている消費者金融だと確認出来れば、柔軟な審査をウリにしている中小消費者金融を利用することも考えて良いでしょう。

主婦のキャッシングが難しい理由

キャッシングについて、主婦はキャッシングの審査に通りにくいという話があります。これは真実でもあり、また真実でもないと言っていいでしょう。それは金融機関が主婦のキャッシングについて審査する時には専業主婦とアルバイトやパート労働をしている主婦については大きく違いがあるからです。

金融機関ではキャッシングの審査をする前にキャッシングの申し込み資格が必要です。申し込み資格を満たさないと審査自体を受けることができなくなってしまいます。ほとんどの金融機関でキャッシングの申し込み資格として「20歳以上の安定した収入がある人」という項目があります。この安定した収入が専業主婦にはないので、キャッシングの審査と言う前に申し込み資格がないのが専業主婦と言うことになります。一方で専業主婦とは違いパートやアルバイトをしている主婦は安定した収入があるとみなされ、キャッシングの審査を受けることができます。しかし、キャッシングの審査を受けられたとしても銀行での審査は簡単に通ることができませんし、消費者金融などの貸金業者では審査は銀行よりも通りやすいものの総量規制の対象となっているので、年収の3分の一までの限度額となっています。

バンクイックをおすすめしたい理由について

大手銀行が取り扱っているカードローンであれば、比較的低金利での借り入れが期待できますし、日本全国で利用が可能なことに加えて、安心感という絶対的なメリットも有ります。日本の大手銀行では多くの魅力的なカードローンがありますが、その中でも特にカードローン初心者におすすめしたいのが三菱東京UFJ銀行のバンクイックとなります。なぜバンクイックが初心者におすすめなのかについて、詳しく説明していきます。

・大手銀行ならではの利用のしやすさ

バンクイックは全国の三菱東京UFJ銀行のATMで利用可能なことに加えて、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートに設置されているATMで利用が可能となっています。

また金利は年1.8%から14.6%と業界屈指の低金利になっているので、大手消費者金融機関などのカードローンよりも遥かにお得な借り入れが可能となっているのです。

・専業主婦でも契約可能

バンクイックは総量規制対象外のカードローンであるため、安定した収入がない専業主婦でも申し込みが可能となっています。

・最短で40分でカード発行してもらえる

テレビ窓口から申し込みを行うことで、カード発行までにかかる時間は最短で40分となります。またインターネットから申し込みをした場合、最短で30分で審査結果が連絡されます。

申し込みには無人契約機を利用しました

フリーターになって3年目くらいのとき、公共料金を支払うために消費者金融系のキャッシングに申し込みをしました。審査に合格するか判りませんでしたが、同じ職場に消費者金融系のキャッシングを利用している仲間が何名か居たので申し込んでみたのです。申し込みは無人契約機を利用しました。

消費者金融に申し込みをする前に申し込みの仕方やキャッシングの仕組みなど一通りのことは調べたのですが、調べた結果、無人契約機を使うと審査に合格したその直後からキャッシングの利用ができることが判りました。公共料金の滞納期限ギリギリだつた私は出来るだけ早くお金を借りたいと思っていたこともあり無人契約機からの申し込みを選びました。

申し込みに使用した書類としては自動車運転免許証と現住所の記されている水道料金の領収書を持って行きました。申し込みには現住所の記された公的な書類が必要なのでこの点は注意が必要だと思います。無人契約機ではそのような書類を所定の場所に置いてスキャンを利用して提出することになります。

無人契約機での申し込みには1時間ほどかかりましたが審査には合格することができました。ちなみに私の借入限度額は10万円となりました。少ないような気もしましたが10万円もあれば公共料金の支払いには問題ないので、発行されたキャッシングカードで必要なお金を借りて無人契約機のある無人店舗を後にしました。このときの経験から、お金を早く借りたいときは無人契約機を利用するのが良いのではないかと思っています。

消費者金融の上手な使い方

会社の同僚にお金を借りるのなら銀行と消費者金融のどちらが良いと思うかと訊ねてみたところ即効で消費者金融のほうが良いと答えられました。私には銀行より利息の高い消費者金融のほうを勧めてくる理由がすぐには判りませんでした。そこでどうして消費者金融なんだと重ねて訊ねてみると借りる金額と返済期間にもよるが借りる金額が少ないなら利息が無料となる期間のある消費者金融から借りたほうがトータル的には返済金額が安くなると教えてくれました。

消費者金融にそのようなサービスのあることを私はまったく知らなかったので目から鱗が落ちるような感じで驚きました。そのあとインターネットで調べてみたところその同僚の言う通りだということが判りました。借入に掛かる利率は消費者金融のほうが銀行より高いのですが利息が無料となる期間を差し引いて計算してみたところトータル的な返済金額は消費者金融のほうが安くなりました。

消費者金融にはこのような上手な使い方があることが判り後日、私は消費者金融に申し込みをしました。正社員として働いていて金銭的なトラブルも今までなかったので審査はすんなりと通りました。10万円ほど借りたいと思っていましたが希望通り10万円を借りることができました。今では返済もすべて完了しましたが安く借りられて良かったと思っています。