複数のローンを一つに出来るおまとめローンを検討

私が複数のローンをおまとめローンで負担を軽く出来ないかと思った時のことです。
よくCMなどでおまとめローンの紹介があり気になっていて調べてみました。
単純に今のローンの返済日や金利が違うので一律に出来ていいだろうなくらいの軽い知識しかありませんでした。
ただ月の返済額を抑えられたらと思ったのですがあまり抑え過ぎてしまうと返済期間が延び総額の返済額が増えてしまうようなのでそこは頑張り苦しい月でなければ今までの返済額と同じくらい返せるようにシミュレーションしてみるとやはりお得なようなので銀行のカードローンをおまとめローンとして借り換え審査してもらうことにしました。
銀行のカードローンは審査が厳しく時間がかかるそうですが何とか借りられまとめることが出来ました。
なるべく繰り上げ返済で早くお得に返せるといいです。

中小消費者金融の審査は独自基準に基づいています

クレジットカードの作成時に聞かれる内容とは異なり、消費者金融の申し込み時には、居住年数や家族構成など細かく聞かれることが少なくありません。大手消費者金融であっても、信販会社や銀行カードローンの審査よりも細かい項目まで個人情報を知らせる必要があります。中小消費者金融では、更に突っ込んだ質問が飛んでくることがあるので、敬遠してしまう人が多いでしょう。

しかし、中小消費者金融では、大手消費者金融の審査に通らなかった人であっても、改めて審査をしっかり行ってもらえます。自動契約機コーナーを持っているのは、大手消費者金融ですから、中小消費者金融ではインターネット経由での申し込みと店頭申込に限られているので、属性が良い人ばかりを選り好んで審査に通していたのでは、貸付残高を伸ばせません。

改正貸金業法が完全施行されて以降、中小消費者金融も貸付残高を減らす状況が続いており、複数の消費者金融から借入がある人が中小消費者金融に申し込みを行なう状況が続いています。リスク管理の方法を大手消費者金融と同じにしていると、顧客を逃してしまう可能性が高いので、中小消費者金融では審査を外部委託することなく、自社内で独自の貸付実績に基づいた基準で審査を行っているわけです。

ある程度利用者のリスクを把握した上で、ギリギリのラインで審査を行なうために、審査時間は2時間程度かかることが多いですが、門前払いすることなく慎重に審査を行ってもらえます。

大手消費者金融の審査通過率の比較

消費者金融の大手といいますと、アイフル、プロミス、モビット、アコム、レイクといったところが挙げられると思います。

そんな大手の審査通過率についてですが、どこが通りやすいのかというのが気になるところです。

大手の消費者金融の審査の通過率についてどんなふうになっているのかを紹介します。

消費者金融の審査通過率というのは、実は公表されている場合があり、その情報によりますと

アコムが45~49%、プロミスは42~45%、アイフルは44~49%、レイクが33~38%、モビットについては公表されていません。

これらを見るににおおよそ4割あたりで平均的な審査通過率が決まっているような感じです。

各社を比較すると、アコムが一番審査通過率が大きく続いてアイフルが続いているようになっています。

レイクについては、新生銀行が運営するようになっていますから審査通過率がほかに比べると低くなっているというようなことが原因です。

プロミスも若干低いですが、アコムやアイフルに比べると借り入れできる人の範囲が狭いためこうなっているのだと思います。

大まかに見ても大きな差はないといえますが、これを参考にどの会社で審査を申し込みをするかを、自身の現在の状況を確認しながら

審査に申し込んでみる会社を選んでみるといいでしょう。

銀行ローンにも借りやすいローンが存在する

銀行ローンの中にも、借りやすいローンと比較的審査が厳しいローンの二つがあります。一般の消費者がローンを利用する際には、少額融資を実施してくれる借りやすいほうの銀行ローンを使わなくてはいけません。基本的に、銀行ローンと呼ばれている融資には本当に銀行が提供しているローンと、銀行系列の消費者金融が提供している銀行系と呼ばれるローンの二つが存在します。

銀行ローンと銀行系のローンを混同させている人は非常に多いので、これらの区別をつけておくことは非常に大切だということを知っておきましょう。

銀行ローンの中でも銀行系のローンは、ローンの基準があくまでも消費者金融が提供する融資の審査基準によってサービスを提供していますので、ほかの銀行のローンと比べても使いやすいメリットがあります。しかも、銀行系のローンはその名前の通りブランドとして銀行の後ろ盾がありますので融資に関する信頼性が高く、安全に使うことができるメリットがあります。

現実的にも、銀行傘下に入ってローンを提供している会社の大半は上場企業になって多くの投資家から高い支持を集めているくらいの大きな会社になっていますので、そうした会社が提供するローンは極めて優秀であると判断できるのです。

自動契約機が案外お勧めです。

前にキャッシングを利用した時はインターネットでの契約でした。

これは非常に簡単で、家にいながらにしてお金を借りることが出来るというのが本当に便利でした。

書類を送るのもスマホで出来ましたし、家から一歩も出ないでお金を借りることが出来るというのには本当に驚きました。

ですが、その時契約した消費者金融は案外金利が高く、今回利用する時に少し考えました。

どうせ借りるのなら金利の低いところの方が良いです。

ということで新規で別の会社と契約しようと思ったのですが、実家を出てしまいパソコンがありません。

さらにスマホも使いすぎて通信制限中です。

通信制限を解除してもらったりネットカフェなどに行けば良いのでしょうが、そこにお金をかけるのはもったいない気がして今回は自動契約機を利用する事にしました。

私の家は国道沿いですので、近所に自動契約機は多く幸いにも借りようと思っていた会社の自動契約機も近所にありました。

早速そこへ行き、契約しました。

驚いたのは、無人だけど人とのやり取りがあるということです。

てっきり全部機械で、後で電話がかかってくるのかと思ったのですが、途中でオペレーターさんとのやり取りがあり、心の準備が出来ていなかったので多少しどろもどろになりました。

そういうやり取りが苦手な人は心の準備をしておいた方が良いです。

あとはとくに問題もなく、ネットよりも専用の機械を使った方がやりやすいと思いました。

これからキャッシングを考えている人は、カード発行も早いですし自動契約機を利用すると良いと思います。

けっこうお勧めです。

キャッシングの審査について

キャッシングなら1週間無利息ノーローン
http://cashinglabo.info/noloan/

キャッシングには審査があります。これは当たり前のことであり、消費者金融といたしましても、やみくもに貸してしまい焦げ付いてしまうということは避けなければならないからです。返せそうな人物にしか貸せないということになります。しかし、審査とは実際にはどのようなことを見ているのでしょうか。この点についてある程度知っておきますと、実際に借りるときに安心して審査を受けることができます。

まず、審査に当たっては、借りる人物の属性を根掘り葉掘り聞いてゆくことになります。例えば、家族があったり、持ち家があったりいたしますと、どこかに夜逃げしてしまう可能性が低くなってまいりますので、借りやすいということになります。しかし、最も大事なのは、やはりきっちりとした会社で長く働いているかどうかということです。特に公的機関などで働いておりますと、この点については、盤石と言っていいでしょう。

また、総量規制に沿っているかどうかも、審査の対象です。総量規制というのは年収の三分の一までしか消費者金融は貸してはいけないという近ごろできた規制ですが、当然この範囲でしか貸すことができないのです。

さらに、他社からの借り入れ状況も問われてまいります。他社からもうすでにたくさん借りているのであれば、その上に貸したとしても焦げ付いてしまう可能性が高いと判断されやすいです。もちろん、過去に返さなかった履歴などがありますと、なかなか借りれません。