今春から収入証明書提出要件が厳しくなった

2017年春に金融庁や日弁連が銀行カードローンの貸し過ぎ問題を提起して、銀行カードローンを取り巻く状況が変わりつつあります。それが如実に表れているのが収入証明書の提出です。これまで銀行カードローンは、融資限度額200万円~300万円まで本人確認書類の提出のみで大丈夫でした。それが消費者金融同様に、50万円を超える借入や、他社との借入額を合計して100万円を超える場合に、収入証明書の提出を求める金融機関が増えているのです。お金が本当に必要な方は、収入証明書を集めるのは面倒だから申込を止めようとは思わないでしょうから、どこまで貸し過ぎを抑制できるか疑問が残ります。

ちなみに収入証明書とは、次の書類1点でOKです。サラリーマンなら源泉徴収票・給与明細、自営業者なら課税証明書・確定申告書です。サラリーマンなら給与明細が一番簡単ですが、金融機関によっては2ヶ月分プラス1年間のボーナスの支給額を証明する書類の提出も必要です。自営業者の方なら、あらかじめ区役所や税務署で書類をもらっておかないと即日融資が受けられません。

なお50万円までなら原則収入証明書の提出は不要ですが、提出した方が審査が有利に働くことが多いようです。ですから属性が低めの方は、収入証明書を添付して審査に臨んではいかがでしょうか?

総額規制の基本的なこと教えます

現在総量規制が貸金業法で規定されています。総量規制とは、利用者が借りすぎて多重債務者になることを防止するために、年収の3分の1までしか借りられないという規制のことです。そして収入のない専業主婦の方は、貸金業者でお金を借りられなくなりました。

総量規制の対象となるのは貸金業者です。貸金業者とは分かりやすく言えば、消費者金融やクレジットカード会社、ビジネスローン会社などのことです。しかし貸金業者でも、総量規制の対象とはならない貸付もあります。例えばクレジットカード会社では、普通のお買い物のカード払いの残高は対象外で、お金を借りるキャッシングのみ対象となります。ですからカードの分割払いで商品をいくら購入しても、総量規制のカウントには入れないことになります。また自動車ローンや住宅ローンも審査には影響しますが、カウントされません。

次に総量規制の対象外となるのは、消費者金融のおまとめローンです。貸金業法の例外で、利用者に一方的な利益となる商品は総量規制の対象外とされています。おまとめローンは金利を下げるため、支払う利息の総額を減らすために利用するので、一方的に利用者の利益になるというわけです。ただし普通のカードローンのように限度額まで自由に借入できず、返済専用のローンとなっています。

さらに配偶者貸付制度により、専業主婦の方でもお金を借りられるケースがあります。それは配偶者が年収の3分の1まで借入がない場合です。これは大手消費者金融では無理ですが、主に街金で行われています。その条件は、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類の提出が必要です。

カードローンはどのように融資されるのか

カードローンというサービスは融資可能額をまずは決められることになります。そし、その範囲内であれば何度でも借りることができます。融資可能額は回復もします。つまりは、50万円であればそこから20万円を借りた時には30万円が残りになるわけですがその後、10万円を返した場合、残りは40万円と回復します。本来、貸し付けるたびに審査などをすることがベストではあるのですがそうしないで最初の金融信用情報で貸し付けることが基本になるのが極度方式というやり方になります。

ちなみに数ヶ月単位で再度、金融信用情報の確認はしています。つまりは、いきなり物凄く他所からお金を借りていることがそれでわかりますとカードローンであろうと利用できなくなることがある、となるわけです。しかし、基本的にはそうしたことがない限りは安心して借りることができるようになっています。カードローンは銀行系というイメージがありますが別に消費者金融系もあります。カードを用いて利用限度額が定められつつ利用できるものであり、返済は分割、というのが基本的にシステムとなっています。今ではかなり普及している金融サービスの一つであるといえるのは確かでしょう。

おまとめローンを利用する際は新たな借り入れが出来ない点に注意する

貸金業法に基づく貸付を行なう消費者金融にとって、総量規制による貸付制限は経営に与える影響が大きいことで知られています。しかし、年収の1/3を超える貸付であっても、例外的におまとめローンに限っては、債務者にとって一方的に有利な貸付として認められているわけです。おまとめローンを利用すれば、借金を一本化出来るので、借入金額の総額が100万円以上ならば利息制限法で定められた法定金利が一段階厳しくなる分だけ上限金利が15%まで引き下げられます。10万円以上100万円未満の借り入れを複数の貸金業者から行っていると、法定金利が18%ですから、おまとめローンへ借り換えをすれば3%もの金利引下げ効果が狙えるわけです。

おまとめローンを利用すれば、借金から開放されるわけではなく、返済する総利息を減らせるメリットが得られるだけです。ただし、おまとめローンを利用した借り換えを行なうと、完済を行なうまで追加融資を受けられないという問題点があることを見逃してはなりません。銀行カードローンとは異なり、おまとめローンを利用すると完済するまでの間は、貸金業者間での自主規制により新たな借り入れが制限されます。このため、可能な限り銀行カードローンを利用して実質的なおまとめローンとして利用すれば、新たな借り入れも出来るので有利です。

中小消費者金融の審査は独自基準に基づいています

クレジットカードの作成時に聞かれる内容とは異なり、消費者金融の申し込み時には、居住年数や家族構成など細かく聞かれることが少なくありません。大手消費者金融であっても、信販会社や銀行カードローンの審査よりも細かい項目まで個人情報を知らせる必要があります。中小消費者金融では、更に突っ込んだ質問が飛んでくることがあるので、敬遠してしまう人が多いでしょう。

しかし、中小消費者金融では、大手消費者金融の審査に通らなかった人であっても、改めて審査をしっかり行ってもらえます。自動契約機コーナーを持っているのは、大手消費者金融ですから、中小消費者金融ではインターネット経由での申し込みと店頭申込に限られているので、属性が良い人ばかりを選り好んで審査に通していたのでは、貸付残高を伸ばせません。

改正貸金業法が完全施行されて以降、中小消費者金融も貸付残高を減らす状況が続いており、複数の消費者金融から借入がある人が中小消費者金融に申し込みを行なう状況が続いています。リスク管理の方法を大手消費者金融と同じにしていると、顧客を逃してしまう可能性が高いので、中小消費者金融では審査を外部委託することなく、自社内で独自の貸付実績に基づいた基準で審査を行っているわけです。

ある程度利用者のリスクを把握した上で、ギリギリのラインで審査を行なうために、審査時間は2時間程度かかることが多いですが、門前払いすることなく慎重に審査を行ってもらえます。

銀行カードローンの審査基準について

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているのでお金を借りる時の安心感があります。返済する時の負担を軽減する事が出来るので銀行カードローンを利用したいと考えている人も多いですが、審査が消費者金融に比べて厳しいと言われているので申し込むのに戸惑っている人も少なくありません。そこで銀行カードローンの審査基準について見ていく事にしましょう。

・安定した収入がある事

銀行カードローンの審査でまず確認されるのが安定した収入がある事です。安定した収入とは月に一定の収入を得ている事なので収入の多さは関係ありません。収入が少なくても月に一定の収入を得ていれば安定した収入があると判断されて審査が可決されます。

・返済能力がある事

安定した収入があっても他社からの借り入れがあると返済能力がないと判断されて審査が否決されてしまう可能性があります。銀行カードローンの審査では返済能力がある事もしっかり確認するので他社からの借り入れがない状態にしておくなど準備する必要があります。

・20歳以上である事

銀行カードローンの利用条件は20歳以上になっているので審査の時も20歳以上である事を確認します。また利用条件には上限年齢もあり65歳前後に設定されている事が多いです。

キャッシングの審査を自社で行っている所なら安心

銀行と消費者金融からキャッシングをする際には、審査の柔軟性が心配になる人もいるでしょう。キャッシングの審査が厳しくなる要因として、審査業務を外注している大手消費者金融が多いことはあまり知られていません。自社で一貫して責任を持ち審査を行っているのは、外部に審査業務を委託するとコストが掛かる点から、中小消費者金融に多いと考えられます。柔軟な審査をウリにしている消費者金融は、慎重な審査が必要であっても迅速に行なえています。

審査結果に対して責任が生じる外部の審査機関は、明確な貸付可否が求められているので、ボーダーラインに入った際にはリスク回避のために審査落ちを選択することがあります。この点、自社審査を行っている中小消費者金融ならば、独自の経験と判断から審査を通してくれるわけです。貸金業法に基づく総量規制はしっかり守りつつ、ギリギリ融資可能と判断した際には、快くキャッシング審査を通してくれます。

キャッシングを初めて行なう人は、大手消費者金融や銀行カードローンを利用し、借入が既にある人は大手消費者金融から断られると、中小消費者金融へキャッシング申し込みを行なう流れが出来ています。貸金業登録をしっかりと行っている消費者金融だと確認出来れば、柔軟な審査をウリにしている中小消費者金融を利用することも考えて良いでしょう。

主婦のキャッシングが難しい理由

キャッシングについて、主婦はキャッシングの審査に通りにくいという話があります。これは真実でもあり、また真実でもないと言っていいでしょう。それは金融機関が主婦のキャッシングについて審査する時には専業主婦とアルバイトやパート労働をしている主婦については大きく違いがあるからです。

金融機関ではキャッシングの審査をする前にキャッシングの申し込み資格が必要です。申し込み資格を満たさないと審査自体を受けることができなくなってしまいます。ほとんどの金融機関でキャッシングの申し込み資格として「20歳以上の安定した収入がある人」という項目があります。この安定した収入が専業主婦にはないので、キャッシングの審査と言う前に申し込み資格がないのが専業主婦と言うことになります。一方で専業主婦とは違いパートやアルバイトをしている主婦は安定した収入があるとみなされ、キャッシングの審査を受けることができます。しかし、キャッシングの審査を受けられたとしても銀行での審査は簡単に通ることができませんし、消費者金融などの貸金業者では審査は銀行よりも通りやすいものの総量規制の対象となっているので、年収の3分の一までの限度額となっています。

バンクイックをおすすめしたい理由について

大手銀行が取り扱っているカードローンであれば、比較的低金利での借り入れが期待できますし、日本全国で利用が可能なことに加えて、安心感という絶対的なメリットも有ります。日本の大手銀行では多くの魅力的なカードローンがありますが、その中でも特にカードローン初心者におすすめしたいのが三菱東京UFJ銀行のバンクイックとなります。なぜバンクイックが初心者におすすめなのかについて、詳しく説明していきます。

・大手銀行ならではの利用のしやすさ

バンクイックは全国の三菱東京UFJ銀行のATMで利用可能なことに加えて、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートに設置されているATMで利用が可能となっています。

また金利は年1.8%から14.6%と業界屈指の低金利になっているので、大手消費者金融機関などのカードローンよりも遥かにお得な借り入れが可能となっているのです。

・専業主婦でも契約可能

バンクイックは総量規制対象外のカードローンであるため、安定した収入がない専業主婦でも申し込みが可能となっています。

・最短で40分でカード発行してもらえる

テレビ窓口から申し込みを行うことで、カード発行までにかかる時間は最短で40分となります。またインターネットから申し込みをした場合、最短で30分で審査結果が連絡されます。

20代でキャッシングを利用する人は意外と多い。

私自身20代前半のときにキャッシングを利用したことがあって、そのことに後ろめたさを感じていたのですが、最近、友人と話をしていて私と同じように20代で消費者金融のお世話になった人が意外と多いことを知って驚きました。

20代って、大学生の金銭感覚が抜けなくて、なかなか節約できないですし、いっぽうで給料もそう高くないのに、友達の結婚式が重なってご祝儀貧乏になったり、なにかと大変ですよね。私が最初に利用したのはアイフルだったと思うのですが、大手であれば、どこもそう大差ないと思います。

無人契約機に入るとき、知り合いに見られていないか、やけにドキドキしましたが、入ってしまえば、無人契約機といっても、金融業者の担当者さんが電話でナビゲートしてくれますから、そんなに心配することはありません。安定した収入がある方は、金融事故などない限り、大抵借りることができると思います。最初は10万円くらいですかね。30日間無利息キャンペーンなんてのもありますから、利用すると効果的ですよ。