借り入れをしている人たちの平均借入額

借り入れを行っている人たちがどれくらいの借金をているのかというのは気になるところですが、

キャッシングをしている金額はみんないくらぐらいしているのでしょうか?

とあるアンケートによると、おおよそ4割くらいの人が100万円以下の借入金額でありそこまで多くのお金を借りていないことになります。

総量規制の影響もあるため多くの場合にはお金を多く借りれないこともあるため、このような金額になっています。

100万円以上になってくるとだんだんと割合が減っていきますが、1000万円以上を借りている人も何気に多く2割くらいの人が

それくらいのお金を借りているようです。ローンなどもあるのでしょうが、かなり多くのお金を借りることもあるようです。

キャッシングの審査の最初と最後に行われるのは?

キャッシングの審査には順番があり、まず最初に行われるのは申込み内容から、年齢が利用対象外の場合は問題外なのはもちろん、信用情報を参照して総量規制に達していないか、過去にキャッシングやローン契約で返済のトラブルを起こしたことがないかを続けて確認します。

ここをクリアできると、職場の情報や家族構成、居住情報などから希望金額をきちんと返済ができるかどうかの判断が行われ、特に問題が無ければ最後に在籍確認を行って終了となります。

在籍確認が最後なのは、これに一番時間が掛かり、また、在籍確認をしたことを無駄にしない為です。ご存知のように、在籍確認は実際に申込みをした人の職場まで電話を掛けてそれを確認しますが、折角この確認ができても、他の判断から不合格となった場合には無駄になってしまうからです。

つまり、在籍確認が行われたということは、その他の判断では全て問題が無かったということになります。ここまでくればもう契約ができたも同然です。審査に落とされてしまう場合には、在籍確認は行われずに途中で終了するということです。

職場によってはこの在籍確認が一番の問題になるようなケースもありますが、それさえクリアできればもう契約やキャッシングはすぐそこなので、最後に何とかこれを乗り切ってください。

カードキャッシングの利息って?

クレジットカードにほとんど場合付いているキャッシング枠ですが、この枠を利用してお金を借りることをカードキャッシングと言います。

「キャッシングって借金でしょ、利息が高いのでは?」と思う方もいるかも知れませんが、例えば1万円を1回払いで1ヶ月間借りたとすると、実質年利が18%(大抵のキャッシングがこの数字です)の場合、1ヶ月の利息は約148円です。

どうでしょう? 考えていたより安い、と感じた方も多いのではないでしょうか。

返済についても、1回払いであれば同クレジットカードで期間内にショッピングした分と一緒に行われますので、返し忘れて利息が膨らむといった心配も一切ありません。

急にお金が必要になった際、使い方によっては大変便利なのがこのカードキャッシングです。

初めてのキャッシングはプロミスがおすすめ!

生まれて初めてキャッシングをおこなうなら、大手プロミスを使うのが便利です。
プロミスのメリットはなんといっても、無利息キャンペーンがあるところではないでしょうか。
プロミスの会員に登録するなど、簡単な条件を満たせば利用することができます。
融資を受けた次の日から換算して30日間は無利息で借り入れができますので、実質低金利で融資を受けられることになるのです。
しかも融資額の上限がありませんので、希望にあった融資額で利用できるところが魅力になります。
合わせてプロミスの会員になると、ポイント数によってさまざまな恩恵が受けられます。
ATMの利用手数がタダになったりとお得がいっぱいです。初めてのキャッシングでは、ぜひプロミスがおすすめですよ。

複数のローンを一つに出来るおまとめローンを検討

私が複数のローンをおまとめローンで負担を軽く出来ないかと思った時のことです。
よくCMなどでおまとめローンの紹介があり気になっていて調べてみました。
単純に今のローンの返済日や金利が違うので一律に出来ていいだろうなくらいの軽い知識しかありませんでした。
ただ月の返済額を抑えられたらと思ったのですがあまり抑え過ぎてしまうと返済期間が延び総額の返済額が増えてしまうようなのでそこは頑張り苦しい月でなければ今までの返済額と同じくらい返せるようにシミュレーションしてみるとやはりお得なようなので銀行のカードローンをおまとめローンとして借り換え審査してもらうことにしました。
銀行のカードローンは審査が厳しく時間がかかるそうですが何とか借りられまとめることが出来ました。
なるべく繰り上げ返済で早くお得に返せるといいです。

今春から収入証明書提出要件が厳しくなった

2017年春に金融庁や日弁連が銀行カードローンの貸し過ぎ問題を提起して、銀行カードローンを取り巻く状況が変わりつつあります。それが如実に表れているのが収入証明書の提出です。これまで銀行カードローンは、融資限度額200万円~300万円まで本人確認書類の提出のみで大丈夫でした。それが消費者金融同様に、50万円を超える借入や、他社との借入額を合計して100万円を超える場合に、収入証明書の提出を求める金融機関が増えているのです。お金が本当に必要な方は、収入証明書を集めるのは面倒だから申込を止めようとは思わないでしょうから、どこまで貸し過ぎを抑制できるか疑問が残ります。

ちなみに収入証明書とは、次の書類1点でOKです。サラリーマンなら源泉徴収票・給与明細、自営業者なら課税証明書・確定申告書です。サラリーマンなら給与明細が一番簡単ですが、金融機関によっては2ヶ月分プラス1年間のボーナスの支給額を証明する書類の提出も必要です。自営業者の方なら、あらかじめ区役所や税務署で書類をもらっておかないと即日融資が受けられません。

なお50万円までなら原則収入証明書の提出は不要ですが、提出した方が審査が有利に働くことが多いようです。ですから属性が低めの方は、収入証明書を添付して審査に臨んではいかがでしょうか?

総額規制の基本的なこと教えます

現在総量規制が貸金業法で規定されています。総量規制とは、利用者が借りすぎて多重債務者になることを防止するために、年収の3分の1までしか借りられないという規制のことです。そして収入のない専業主婦の方は、貸金業者でお金を借りられなくなりました。

総量規制の対象となるのは貸金業者です。貸金業者とは分かりやすく言えば、消費者金融やクレジットカード会社、ビジネスローン会社などのことです。しかし貸金業者でも、総量規制の対象とはならない貸付もあります。例えばクレジットカード会社では、普通のお買い物のカード払いの残高は対象外で、お金を借りるキャッシングのみ対象となります。ですからカードの分割払いで商品をいくら購入しても、総量規制のカウントには入れないことになります。また自動車ローンや住宅ローンも審査には影響しますが、カウントされません。

次に総量規制の対象外となるのは、消費者金融のおまとめローンです。貸金業法の例外で、利用者に一方的な利益となる商品は総量規制の対象外とされています。おまとめローンは金利を下げるため、支払う利息の総額を減らすために利用するので、一方的に利用者の利益になるというわけです。ただし普通のカードローンのように限度額まで自由に借入できず、返済専用のローンとなっています。

さらに配偶者貸付制度により、専業主婦の方でもお金を借りられるケースがあります。それは配偶者が年収の3分の1まで借入がない場合です。これは大手消費者金融では無理ですが、主に街金で行われています。その条件は、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類の提出が必要です。

カードローンはどのように融資されるのか

カードローンというサービスは融資可能額をまずは決められることになります。そし、その範囲内であれば何度でも借りることができます。融資可能額は回復もします。つまりは、50万円であればそこから20万円を借りた時には30万円が残りになるわけですがその後、10万円を返した場合、残りは40万円と回復します。本来、貸し付けるたびに審査などをすることがベストではあるのですがそうしないで最初の金融信用情報で貸し付けることが基本になるのが極度方式というやり方になります。

ちなみに数ヶ月単位で再度、金融信用情報の確認はしています。つまりは、いきなり物凄く他所からお金を借りていることがそれでわかりますとカードローンであろうと利用できなくなることがある、となるわけです。しかし、基本的にはそうしたことがない限りは安心して借りることができるようになっています。カードローンは銀行系というイメージがありますが別に消費者金融系もあります。カードを用いて利用限度額が定められつつ利用できるものであり、返済は分割、というのが基本的にシステムとなっています。今ではかなり普及している金融サービスの一つであるといえるのは確かでしょう。

おまとめローンを利用する際は新たな借り入れが出来ない点に注意する

貸金業法に基づく貸付を行なう消費者金融にとって、総量規制による貸付制限は経営に与える影響が大きいことで知られています。しかし、年収の1/3を超える貸付であっても、例外的におまとめローンに限っては、債務者にとって一方的に有利な貸付として認められているわけです。おまとめローンを利用すれば、借金を一本化出来るので、借入金額の総額が100万円以上ならば利息制限法で定められた法定金利が一段階厳しくなる分だけ上限金利が15%まで引き下げられます。10万円以上100万円未満の借り入れを複数の貸金業者から行っていると、法定金利が18%ですから、おまとめローンへ借り換えをすれば3%もの金利引下げ効果が狙えるわけです。

おまとめローンを利用すれば、借金から開放されるわけではなく、返済する総利息を減らせるメリットが得られるだけです。ただし、おまとめローンを利用した借り換えを行なうと、完済を行なうまで追加融資を受けられないという問題点があることを見逃してはなりません。銀行カードローンとは異なり、おまとめローンを利用すると完済するまでの間は、貸金業者間での自主規制により新たな借り入れが制限されます。このため、可能な限り銀行カードローンを利用して実質的なおまとめローンとして利用すれば、新たな借り入れも出来るので有利です。

中小消費者金融の審査は独自基準に基づいています

クレジットカードの作成時に聞かれる内容とは異なり、消費者金融の申し込み時には、居住年数や家族構成など細かく聞かれることが少なくありません。大手消費者金融であっても、信販会社や銀行カードローンの審査よりも細かい項目まで個人情報を知らせる必要があります。中小消費者金融では、更に突っ込んだ質問が飛んでくることがあるので、敬遠してしまう人が多いでしょう。

しかし、中小消費者金融では、大手消費者金融の審査に通らなかった人であっても、改めて審査をしっかり行ってもらえます。自動契約機コーナーを持っているのは、大手消費者金融ですから、中小消費者金融ではインターネット経由での申し込みと店頭申込に限られているので、属性が良い人ばかりを選り好んで審査に通していたのでは、貸付残高を伸ばせません。

改正貸金業法が完全施行されて以降、中小消費者金融も貸付残高を減らす状況が続いており、複数の消費者金融から借入がある人が中小消費者金融に申し込みを行なう状況が続いています。リスク管理の方法を大手消費者金融と同じにしていると、顧客を逃してしまう可能性が高いので、中小消費者金融では審査を外部委託することなく、自社内で独自の貸付実績に基づいた基準で審査を行っているわけです。

ある程度利用者のリスクを把握した上で、ギリギリのラインで審査を行なうために、審査時間は2時間程度かかることが多いですが、門前払いすることなく慎重に審査を行ってもらえます。