高額を希望すると何故収入証明書の提出が必要なの?

キャッシングでは限度額が50万円以下の契約では必要ありませんが、それを超える希望になると収入証明書を提出しないといけません。これには源泉徴収票や確定申告書などの年収を証明できる書類が必要ですが、何故これが必要になるのかと言うと、正確な年収を把握する為です。

会社員や公務員などの給与所得者であれば、50万円以下の場合は総量規制で決められている年収の1/3にはまず届いていないと判断されるので、この提出は免除されています。パートやアルバイトの人は50万円以下でも提出を求められることがありますが、それは前者のような職業より収入が少ないことが多いからです。

50万円を超える希望になると、例え毎月決まった給与をもらっている会社員や公務員などでもその3倍以上の年収があるとは限りません。その為に提出が必要になるのです。

収入証明書には先に挙げた書類の他に、給与明細票と賞与明細票でも代用できることがほとんどです。この場合は原則的に直近の2ヶ月分の給与明細票と、過去1年間分の賞与明細書を提出します。直近の2ヶ月分の収入を足して6倍し、更に1年間分の賞与の額を足せば、ちょうど年収に相当する為です。

また、既に他社を利用している場合、その限度額と合わせて100万円を超える時に同じように収入証明書が必要になります。合計して100万円を超える借り入れともなると、年収の1/3を超えているかも知れないからです。

総量規制は限度額に対して適用されます。実際にはそこまで借りていなくても関係ありません。限度額まではいつでも借りることができるので、実質的にはそこまで借りているのと同じだからです。つまり、「限度額=そのキャッシング会社から借りている金額」なのです。

この50万円を超える希望で申込みを行う場合、また他社と合わせて限度額が100万円を超える契約になる場合には、予め収入証明書に該当する書類を用意しておきましょう。

カードレスでのキャッシングで口座履歴を気にするなら?

最近では、ローンカード無しで、銀行振込により融資を受けられるキャッシングがあります。

また、中小消費者金融の場合は、ローンカード自体が無く、必然的にカードレスというものもあります。

カードレスの場合、ローンカードでバレると心配はないものの、通帳に履歴が残ると管理面では不完全です。

そこで、家族に利用を知られたくない方はネット銀行が安心と言えます。

ですが、銀行口座を増やしたくない方には、プロミスがおすすめです。

プロミスの場合、プリペイドカードに直接融資を受けられる三井住友プリペイドがあります。

この方法なら、返済はATMを利用し、借り入れはプリペイドカードになるため、家族がいるか方にも安心と言えます。

また、インターネットを利用し、融資手続きが出来るため、ATMに借り入れの為、足を運ぶ必要も無くなります。