今春から収入証明書提出要件が厳しくなった

2017年春に金融庁や日弁連が銀行カードローンの貸し過ぎ問題を提起して、銀行カードローンを取り巻く状況が変わりつつあります。それが如実に表れているのが収入証明書の提出です。これまで銀行カードローンは、融資限度額200万円~300万円まで本人確認書類の提出のみで大丈夫でした。それが消費者金融同様に、50万円を超える借入や、他社との借入額を合計して100万円を超える場合に、収入証明書の提出を求める金融機関が増えているのです。お金が本当に必要な方は、収入証明書を集めるのは面倒だから申込を止めようとは思わないでしょうから、どこまで貸し過ぎを抑制できるか疑問が残ります。

ちなみに収入証明書とは、次の書類1点でOKです。サラリーマンなら源泉徴収票・給与明細、自営業者なら課税証明書・確定申告書です。サラリーマンなら給与明細が一番簡単ですが、金融機関によっては2ヶ月分プラス1年間のボーナスの支給額を証明する書類の提出も必要です。自営業者の方なら、あらかじめ区役所や税務署で書類をもらっておかないと即日融資が受けられません。

なお50万円までなら原則収入証明書の提出は不要ですが、提出した方が審査が有利に働くことが多いようです。ですから属性が低めの方は、収入証明書を添付して審査に臨んではいかがでしょうか?