中小消費者金融の審査は独自基準に基づいています

クレジットカードの作成時に聞かれる内容とは異なり、消費者金融の申し込み時には、居住年数や家族構成など細かく聞かれることが少なくありません。大手消費者金融であっても、信販会社や銀行カードローンの審査よりも細かい項目まで個人情報を知らせる必要があります。中小消費者金融では、更に突っ込んだ質問が飛んでくることがあるので、敬遠してしまう人が多いでしょう。

しかし、中小消費者金融では、大手消費者金融の審査に通らなかった人であっても、改めて審査をしっかり行ってもらえます。自動契約機コーナーを持っているのは、大手消費者金融ですから、中小消費者金融ではインターネット経由での申し込みと店頭申込に限られているので、属性が良い人ばかりを選り好んで審査に通していたのでは、貸付残高を伸ばせません。

改正貸金業法が完全施行されて以降、中小消費者金融も貸付残高を減らす状況が続いており、複数の消費者金融から借入がある人が中小消費者金融に申し込みを行なう状況が続いています。リスク管理の方法を大手消費者金融と同じにしていると、顧客を逃してしまう可能性が高いので、中小消費者金融では審査を外部委託することなく、自社内で独自の貸付実績に基づいた基準で審査を行っているわけです。

ある程度利用者のリスクを把握した上で、ギリギリのラインで審査を行なうために、審査時間は2時間程度かかることが多いですが、門前払いすることなく慎重に審査を行ってもらえます。