銀行カードローンの審査基準について

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているのでお金を借りる時の安心感があります。返済する時の負担を軽減する事が出来るので銀行カードローンを利用したいと考えている人も多いですが、審査が消費者金融に比べて厳しいと言われているので申し込むのに戸惑っている人も少なくありません。そこで銀行カードローンの審査基準について見ていく事にしましょう。

・安定した収入がある事

銀行カードローンの審査でまず確認されるのが安定した収入がある事です。安定した収入とは月に一定の収入を得ている事なので収入の多さは関係ありません。収入が少なくても月に一定の収入を得ていれば安定した収入があると判断されて審査が可決されます。

・返済能力がある事

安定した収入があっても他社からの借り入れがあると返済能力がないと判断されて審査が否決されてしまう可能性があります。銀行カードローンの審査では返済能力がある事もしっかり確認するので他社からの借り入れがない状態にしておくなど準備する必要があります。

・20歳以上である事

銀行カードローンの利用条件は20歳以上になっているので審査の時も20歳以上である事を確認します。また利用条件には上限年齢もあり65歳前後に設定されている事が多いです。

キャッシングの審査を自社で行っている所なら安心

銀行と消費者金融からキャッシングをする際には、審査の柔軟性が心配になる人もいるでしょう。キャッシングの審査が厳しくなる要因として、審査業務を外注している大手消費者金融が多いことはあまり知られていません。自社で一貫して責任を持ち審査を行っているのは、外部に審査業務を委託するとコストが掛かる点から、中小消費者金融に多いと考えられます。柔軟な審査をウリにしている消費者金融は、慎重な審査が必要であっても迅速に行なえています。

審査結果に対して責任が生じる外部の審査機関は、明確な貸付可否が求められているので、ボーダーラインに入った際にはリスク回避のために審査落ちを選択することがあります。この点、自社審査を行っている中小消費者金融ならば、独自の経験と判断から審査を通してくれるわけです。貸金業法に基づく総量規制はしっかり守りつつ、ギリギリ融資可能と判断した際には、快くキャッシング審査を通してくれます。

キャッシングを初めて行なう人は、大手消費者金融や銀行カードローンを利用し、借入が既にある人は大手消費者金融から断られると、中小消費者金融へキャッシング申し込みを行なう流れが出来ています。貸金業登録をしっかりと行っている消費者金融だと確認出来れば、柔軟な審査をウリにしている中小消費者金融を利用することも考えて良いでしょう。