銀行カードローンの審査基準について

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているのでお金を借りる時の安心感があります。返済する時の負担を軽減する事が出来るので銀行カードローンを利用したいと考えている人も多いですが、審査が消費者金融に比べて厳しいと言われているので申し込むのに戸惑っている人も少なくありません。そこで銀行カードローンの審査基準について見ていく事にしましょう。

・安定した収入がある事

銀行カードローンの審査でまず確認されるのが安定した収入がある事です。安定した収入とは月に一定の収入を得ている事なので収入の多さは関係ありません。収入が少なくても月に一定の収入を得ていれば安定した収入があると判断されて審査が可決されます。

・返済能力がある事

安定した収入があっても他社からの借り入れがあると返済能力がないと判断されて審査が否決されてしまう可能性があります。銀行カードローンの審査では返済能力がある事もしっかり確認するので他社からの借り入れがない状態にしておくなど準備する必要があります。

・20歳以上である事

銀行カードローンの利用条件は20歳以上になっているので審査の時も20歳以上である事を確認します。また利用条件には上限年齢もあり65歳前後に設定されている事が多いです。