銀行ローンにも借りやすいローンが存在する

銀行ローンの中にも、借りやすいローンと比較的審査が厳しいローンの二つがあります。一般の消費者がローンを利用する際には、少額融資を実施してくれる借りやすいほうの銀行ローンを使わなくてはいけません。基本的に、銀行ローンと呼ばれている融資には本当に銀行が提供しているローンと、銀行系列の消費者金融が提供している銀行系と呼ばれるローンの二つが存在します。

銀行ローンと銀行系のローンを混同させている人は非常に多いので、これらの区別をつけておくことは非常に大切だということを知っておきましょう。

銀行ローンの中でも銀行系のローンは、ローンの基準があくまでも消費者金融が提供する融資の審査基準によってサービスを提供していますので、ほかの銀行のローンと比べても使いやすいメリットがあります。しかも、銀行系のローンはその名前の通りブランドとして銀行の後ろ盾がありますので融資に関する信頼性が高く、安全に使うことができるメリットがあります。

現実的にも、銀行傘下に入ってローンを提供している会社の大半は上場企業になって多くの投資家から高い支持を集めているくらいの大きな会社になっていますので、そうした会社が提供するローンは極めて優秀であると判断できるのです。

申し込みには無人契約機を利用しました

フリーターになって3年目くらいのとき、公共料金を支払うために消費者金融系のキャッシングに申し込みをしました。審査に合格するか判りませんでしたが、同じ職場に消費者金融系のキャッシングを利用している仲間が何名か居たので申し込んでみたのです。申し込みは無人契約機を利用しました。

消費者金融に申し込みをする前に申し込みの仕方やキャッシングの仕組みなど一通りのことは調べたのですが、調べた結果、無人契約機を使うと審査に合格したその直後からキャッシングの利用ができることが判りました。公共料金の滞納期限ギリギリだつた私は出来るだけ早くお金を借りたいと思っていたこともあり無人契約機からの申し込みを選びました。

申し込みに使用した書類としては自動車運転免許証と現住所の記されている水道料金の領収書を持って行きました。申し込みには現住所の記された公的な書類が必要なのでこの点は注意が必要だと思います。無人契約機ではそのような書類を所定の場所に置いてスキャンを利用して提出することになります。

無人契約機での申し込みには1時間ほどかかりましたが審査には合格することができました。ちなみに私の借入限度額は10万円となりました。少ないような気もしましたが10万円もあれば公共料金の支払いには問題ないので、発行されたキャッシングカードで必要なお金を借りて無人契約機のある無人店舗を後にしました。このときの経験から、お金を早く借りたいときは無人契約機を利用するのが良いのではないかと思っています。

無利息でやっているカードローンの理由

金融会社とはいくつもタイプがあります。運用していることもありますし、お金をそのまま個人に貸し付ける場合もあります。後者の場合、目的となるのが利息になります。つまりは、金利を設定して、返済の際にはそれを上乗せして返して貰うわけです。何も難しいことではなく、キャッシングとかカードローンなどが身近なサービスであるといえます。

最近になって、カードローンでも無利息で貸してくれるところが増えてきています。どうして利息収入が目的のサービスであるのに無利息でやるのか、といいますとこれはまずは借りてもらうためにやっています。要するに借りることの第一歩をしてもらうわけです。そうすれば次に使うときにも自分のカードローン会社を選んでくれる、という可能性が高くなり、業者としてはその時は採算を度返ししてサービスを提供しているわけです。こうした無利息キャンペーンは条件がついていることが殆どです。

初回のみとか一週間のみとかそうした限定的な貸し方になります。それでも利用する価値がある良いサービスであることには違いないです。特に複数回利用してもよい場合は他のカードローンと併用すればかなり長く無利息で借りることができるようになります。

消費者金融の上手な使い方

会社の同僚にお金を借りるのなら銀行と消費者金融のどちらが良いと思うかと訊ねてみたところ即効で消費者金融のほうが良いと答えられました。私には銀行より利息の高い消費者金融のほうを勧めてくる理由がすぐには判りませんでした。そこでどうして消費者金融なんだと重ねて訊ねてみると借りる金額と返済期間にもよるが借りる金額が少ないなら利息が無料となる期間のある消費者金融から借りたほうがトータル的には返済金額が安くなると教えてくれました。

消費者金融にそのようなサービスのあることを私はまったく知らなかったので目から鱗が落ちるような感じで驚きました。そのあとインターネットで調べてみたところその同僚の言う通りだということが判りました。借入に掛かる利率は消費者金融のほうが銀行より高いのですが利息が無料となる期間を差し引いて計算してみたところトータル的な返済金額は消費者金融のほうが安くなりました。

消費者金融にはこのような上手な使い方があることが判り後日、私は消費者金融に申し込みをしました。正社員として働いていて金銭的なトラブルも今までなかったので審査はすんなりと通りました。10万円ほど借りたいと思っていましたが希望通り10万円を借りることができました。今では返済もすべて完了しましたが安く借りられて良かったと思っています。

検討したいものといえばおまとめローンです。

色々な業者からお借り入れを抱えていたり、複数の借金を持っている場合において、ぜひ利用を検討したいものといえばおまとめローンです。

おまとめローンは沢山キャッシングを抱えている場合であっても、債務を一つにまとめることが出来るサービスです。

借入をたくさん抱えている場合ですと、業者によって金利が異なったり、返済の期日やペースがそれぞれ違うので、自分が抱えている債務の総額がわかりにくくなってしまったり、借金の完済のペースがわからないことはありがちです。

一ヶ月のうちに何度も返済の期限日がやってきたり、月に何度も返済を繰り返すといったことは、心理的にも非常に負担が大きいものです。

しかしおまとめローンを組むことにより、返済の手間を月にたった一度きりにすることが可能になります。

また、おまとめローンの最大の利点といえば融資をまとめることにより、大口での借入となるので、金利を引き下げられる可能性が極めて高まる点です。

少額ずついろいろな業者から借り入れを行うのと比べ、一社からまとまった金額を融資することにより、金利を抑えることが出来ます。

高い金利の業者から低金利の業者へと債務をまとめることによって、毎月の返済のペースを落とすことが出来るようになったり、今と変わらないペースでの返済でも完済を早めることが可能になったりします。

利息ではなく、元金を沢山返せるようになるので、借金自体の総返済金額を抑えたい人にとってもおまとめローンは非常に狙い目です。

自動契約機が案外お勧めです。

前にキャッシングを利用した時はインターネットでの契約でした。

これは非常に簡単で、家にいながらにしてお金を借りることが出来るというのが本当に便利でした。

書類を送るのもスマホで出来ましたし、家から一歩も出ないでお金を借りることが出来るというのには本当に驚きました。

ですが、その時契約した消費者金融は案外金利が高く、今回利用する時に少し考えました。

どうせ借りるのなら金利の低いところの方が良いです。

ということで新規で別の会社と契約しようと思ったのですが、実家を出てしまいパソコンがありません。

さらにスマホも使いすぎて通信制限中です。

通信制限を解除してもらったりネットカフェなどに行けば良いのでしょうが、そこにお金をかけるのはもったいない気がして今回は自動契約機を利用する事にしました。

私の家は国道沿いですので、近所に自動契約機は多く幸いにも借りようと思っていた会社の自動契約機も近所にありました。

早速そこへ行き、契約しました。

驚いたのは、無人だけど人とのやり取りがあるということです。

てっきり全部機械で、後で電話がかかってくるのかと思ったのですが、途中でオペレーターさんとのやり取りがあり、心の準備が出来ていなかったので多少しどろもどろになりました。

そういうやり取りが苦手な人は心の準備をしておいた方が良いです。

あとはとくに問題もなく、ネットよりも専用の機械を使った方がやりやすいと思いました。

これからキャッシングを考えている人は、カード発行も早いですし自動契約機を利用すると良いと思います。

けっこうお勧めです。

キャッシングの審査について

キャッシングなら1週間無利息ノーローン
http://cashinglabo.info/noloan/

キャッシングには審査があります。これは当たり前のことであり、消費者金融といたしましても、やみくもに貸してしまい焦げ付いてしまうということは避けなければならないからです。返せそうな人物にしか貸せないということになります。しかし、審査とは実際にはどのようなことを見ているのでしょうか。この点についてある程度知っておきますと、実際に借りるときに安心して審査を受けることができます。

まず、審査に当たっては、借りる人物の属性を根掘り葉掘り聞いてゆくことになります。例えば、家族があったり、持ち家があったりいたしますと、どこかに夜逃げしてしまう可能性が低くなってまいりますので、借りやすいということになります。しかし、最も大事なのは、やはりきっちりとした会社で長く働いているかどうかということです。特に公的機関などで働いておりますと、この点については、盤石と言っていいでしょう。

また、総量規制に沿っているかどうかも、審査の対象です。総量規制というのは年収の三分の一までしか消費者金融は貸してはいけないという近ごろできた規制ですが、当然この範囲でしか貸すことができないのです。

さらに、他社からの借り入れ状況も問われてまいります。他社からもうすでにたくさん借りているのであれば、その上に貸したとしても焦げ付いてしまう可能性が高いと判断されやすいです。もちろん、過去に返さなかった履歴などがありますと、なかなか借りれません。

おまとめローンの審査に通るためにできること

おまとめローンを利用する際に気になるのは審査です。どうしてもローンを一本化したいとは思うものの、おまとめローンは審査に時間がある程度かかるものです。しかも、基本的におまとめローンを利用する人は切羽詰っている人が多いので、できるだけ確実に審査を通過したいところです。では、どうすればおまとめローンの審査を確実に通ることができるのでしょうか。今日は誰にでもできる方法を記したいと思います。

その方法とはシミュレレーターを使うことです。各キャッシング会社は自分のホームページにシミュレーターを準備してます。シミュレーターを利用することで、審査を受ける前に、基本的な情報を入力することによって、事前に審査に通るかどうかを判断することができるようにしています。こうすることで、むだな審査を受けることを避けることができます。

さらにシミュレーターを使うことによって自分がなぜ審査に落ちてしまうのかを分析することも可能です。もし、現在入力した条件で落ちてしまった場合には、さらに年収などの数字を上げることによっていくらなら審査に通るのかを知ることができます。こうすることで、自分にとって何が必要なのか、どこを改善すればよいのかを知ることができます。