高額を希望すると何故収入証明書の提出が必要なの?

キャッシングでは限度額が50万円以下の契約では必要ありませんが、それを超える希望になると収入証明書を提出しないといけません。これには源泉徴収票や確定申告書などの年収を証明できる書類が必要ですが、何故これが必要になるのかと言うと、正確な年収を把握する為です。

会社員や公務員などの給与所得者であれば、50万円以下の場合は総量規制で決められている年収の1/3にはまず届いていないと判断されるので、この提出は免除されています。パートやアルバイトの人は50万円以下でも提出を求められることがありますが、それは前者のような職業より収入が少ないことが多いからです。

50万円を超える希望になると、例え毎月決まった給与をもらっている会社員や公務員などでもその3倍以上の年収があるとは限りません。その為に提出が必要になるのです。

収入証明書には先に挙げた書類の他に、給与明細票と賞与明細票でも代用できることがほとんどです。この場合は原則的に直近の2ヶ月分の給与明細票と、過去1年間分の賞与明細書を提出します。直近の2ヶ月分の収入を足して6倍し、更に1年間分の賞与の額を足せば、ちょうど年収に相当する為です。

また、既に他社を利用している場合、その限度額と合わせて100万円を超える時に同じように収入証明書が必要になります。合計して100万円を超える借り入れともなると、年収の1/3を超えているかも知れないからです。

総量規制は限度額に対して適用されます。実際にはそこまで借りていなくても関係ありません。限度額まではいつでも借りることができるので、実質的にはそこまで借りているのと同じだからです。つまり、「限度額=そのキャッシング会社から借りている金額」なのです。

この50万円を超える希望で申込みを行う場合、また他社と合わせて限度額が100万円を超える契約になる場合には、予め収入証明書に該当する書類を用意しておきましょう。

カードレスでのキャッシングで口座履歴を気にするなら?

最近では、ローンカード無しで、銀行振込により融資を受けられるキャッシングがあります。

また、中小消費者金融の場合は、ローンカード自体が無く、必然的にカードレスというものもあります。

カードレスの場合、ローンカードでバレると心配はないものの、通帳に履歴が残ると管理面では不完全です。

そこで、家族に利用を知られたくない方はネット銀行が安心と言えます。

ですが、銀行口座を増やしたくない方には、プロミスがおすすめです。

プロミスの場合、プリペイドカードに直接融資を受けられる三井住友プリペイドがあります。

この方法なら、返済はATMを利用し、借り入れはプリペイドカードになるため、家族がいるか方にも安心と言えます。

また、インターネットを利用し、融資手続きが出来るため、ATMに借り入れの為、足を運ぶ必要も無くなります。

横浜銀行カードローンと千葉銀行カードローンの比較

首都圏の地方銀行カードローンで有名なのが横浜銀行カードローンと千葉銀行カードローンになります。お互いメリットが多いカードローンですが、どちらを利用した方がいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで横浜銀行カードローンと千葉銀行カードローンを比較していく事にしましょう。

・金利を重視するなら横浜銀行カードローン

地方銀行のカードローンは上限金利が15%以下で設定されているので消費者金融に比べると低金利です。横浜銀行カードローンと千葉銀行カードローンの上限金利を比較してみると横浜銀行カードローンが14.6%、千葉銀行カードローンは14.8%で設定されています。金利を重視するなら0.2%低く設定されている横浜銀行カードローンを利用した方がいいです。

・100万円以上の借り入れをする時は千葉銀行カードローン

横浜銀行カードローンの限度額は最大1000万円、千葉銀行カードローンの限度額は最大500万円で設定されているので100万円以上の借り入れをする時は横浜銀行カードローンを利用した方がいいと思ってしまいます。しかし横浜銀行カードローンは100万円以上借りる時に収入証明書を提出しなければいけないので手間がかかってしまいます。千葉銀行カードローンは100万円以上借りる時でも収入証明書の提出が不要なので手間がかかりません。

楽天カードのキャッシング

以前はキャッシングと言うと、借金をしているというネガティブなイメージが自分の考えの中では強かったため、一度も利用したことがありませんでした。ただある時に、それほど高額ではありませんが急遽いくらかの現金がどうしても必要になり、キャッシングを初めて利用することにしました。あまり気は進みませんでしたが、その時は致し方なくという感じでした。

現在も利用していますが、自分がメインで使用しているクレジットカードが楽天カードだったため、楽天カードのキャッシングサービスで、登録口座に即時現金を振り込んでくれるサービスを利用しました。はじめはドキドキしましたが、手続きはとても簡単で、本当にすぐに銀行口座に現金が振り込まれていたので、びっくりしました。楽天カードは長年使用してきて信頼もありますし、何よりも本当に簡単で便利だったので、それ以降も時々利用させてもらっています。

学生でも利用できますが、制限があります。

キャッシングは、学生でも利用することができますが、利用する際には制限がいくつかあります。

学生の場合には、扶養義務がある両親の経済状況について記載する必要があり、安定した収入を得ていることの証明を行います。

学生ではアルバイトなど一定の収入があっても返済能力に欠けると判断され、両親が自営業などの場合にも収入が不安定として利用できない場合があり、基本的には両親が会社員や公務員のみ審査が通る場合が多いです。

また、キャッシングの利用限度額に関しても低く設定される場合も多く、利息に関しても高く設定されることもあります。

このため、学生がキャッシングを利用する場合にこれら条件を考慮して利用する必要があります。

みずほ銀行カードローンの2つのオススメポイント

銀行カードローンを利用する時にみずほ銀行カードローンを選ぶ人が増え続けています。みずほ銀行カードローンは申込方法によって融資スピードが異なるという複雑な部分もありますが、メリットになる部分もあります。そこでみずほ銀行カードローンのオススメポイントを紹介していく事にしましょう。

・キャッシュカードを持っているとすぐ利用する事が出来る

銀行カードローンを利用してお金を借りる時はカードローン専用のキャッシングカードを発行してもらうのが基本になります。しかしみずほ銀行カードローンはカードローン専用のキャッシングカードの他に普通預金のキャッシュカードでも利用する事が出来ます。キャッシュカードを持っていると申し込みをして契約完了すればすぐ利用する事が出来ます。

・限度額が最大で1000万円と高い

銀行カードローンは限度額が最大で500万円から800万円に設定されている事が多いです。しかしみずほ銀行カードローンは限度額が最大で1000万円に設定されているのでいろいろな目的で利用する事が出来ます。生活費の補てんだけでなく旅行など趣味に費やすお金を借りる事も出来ます。

みずほ銀行カードローンのオススメポイントはこのようにあるのでお金が必要になった時に上手に利用してみるといいでしょう。

借り入れをしている人たちの平均借入額

借り入れを行っている人たちがどれくらいの借金をているのかというのは気になるところですが、

キャッシングをしている金額はみんないくらぐらいしているのでしょうか?

とあるアンケートによると、おおよそ4割くらいの人が100万円以下の借入金額でありそこまで多くのお金を借りていないことになります。

総量規制の影響もあるため多くの場合にはお金を多く借りれないこともあるため、このような金額になっています。

100万円以上になってくるとだんだんと割合が減っていきますが、1000万円以上を借りている人も何気に多く2割くらいの人が

それくらいのお金を借りているようです。ローンなどもあるのでしょうが、かなり多くのお金を借りることもあるようです。

キャッシングの審査の最初と最後に行われるのは?

キャッシングの審査には順番があり、まず最初に行われるのは申込み内容から、年齢が利用対象外の場合は問題外なのはもちろん、信用情報を参照して総量規制に達していないか、過去にキャッシングやローン契約で返済のトラブルを起こしたことがないかを続けて確認します。

ここをクリアできると、職場の情報や家族構成、居住情報などから希望金額をきちんと返済ができるかどうかの判断が行われ、特に問題が無ければ最後に在籍確認を行って終了となります。

在籍確認が最後なのは、これに一番時間が掛かり、また、在籍確認をしたことを無駄にしない為です。ご存知のように、在籍確認は実際に申込みをした人の職場まで電話を掛けてそれを確認しますが、折角この確認ができても、他の判断から不合格となった場合には無駄になってしまうからです。

つまり、在籍確認が行われたということは、その他の判断では全て問題が無かったということになります。ここまでくればもう契約ができたも同然です。審査に落とされてしまう場合には、在籍確認は行われずに途中で終了するということです。

職場によってはこの在籍確認が一番の問題になるようなケースもありますが、それさえクリアできればもう契約やキャッシングはすぐそこなので、最後に何とかこれを乗り切ってください。

カードキャッシングの利息って?

クレジットカードにほとんど場合付いているキャッシング枠ですが、この枠を利用してお金を借りることをカードキャッシングと言います。

「キャッシングって借金でしょ、利息が高いのでは?」と思う方もいるかも知れませんが、例えば1万円を1回払いで1ヶ月間借りたとすると、実質年利が18%(大抵のキャッシングがこの数字です)の場合、1ヶ月の利息は約148円です。

どうでしょう? 考えていたより安い、と感じた方も多いのではないでしょうか。

返済についても、1回払いであれば同クレジットカードで期間内にショッピングした分と一緒に行われますので、返し忘れて利息が膨らむといった心配も一切ありません。

急にお金が必要になった際、使い方によっては大変便利なのがこのカードキャッシングです。

初めてのキャッシングはプロミスがおすすめ!

生まれて初めてキャッシングをおこなうなら、大手プロミスを使うのが便利です。
プロミスのメリットはなんといっても、無利息キャンペーンがあるところではないでしょうか。
プロミスの会員に登録するなど、簡単な条件を満たせば利用することができます。
融資を受けた次の日から換算して30日間は無利息で借り入れができますので、実質低金利で融資を受けられることになるのです。
しかも融資額の上限がありませんので、希望にあった融資額で利用できるところが魅力になります。
合わせてプロミスの会員になると、ポイント数によってさまざまな恩恵が受けられます。
ATMの利用手数がタダになったりとお得がいっぱいです。初めてのキャッシングでは、ぜひプロミスがおすすめですよ。